子どもを伸ばすお母さんの戦略

必修学習項目1-4子どもの夢や将来、進路の関わり方について学ぶ

この講座の目的は3つです。

① 2022年からの新しい北海道公立高校入試について知ること

② 教育大改革で変化してきている新しい大学入試について知ること

③ 学力の基本を作る家庭学習(学習習慣)をどう作っていくのかを考えること

教科書が新しく変わり、大きく学校での学びも大きく変わってきています。

どのように子どもたちの学びが変わってきているのかをまずは知っていただき、

お子さんの進路について考えるきっかけにしていただきたいと思います。

お子さんの進路を実現していくためには、家庭学習が大切になってきます。

普段の家庭学習習慣をどのようにしていくかもこの講座では考えていきます。

 

講座概要

STEP1 新しい高校入試・大学入試について知ろう!

STEP2 今までの学びとこれからの学びはどうちがうのか?

STEP3 家庭学習はいつ・どのくらい・なにをするべきなのか?

 

約90分


◆楽しく入試のことを学ぶことができました。

 自分たちのときの入試と今の入試ではぜんぜん違うので驚きました。

 少しづつ家庭学習習慣を作ってみたいと思います。

 

◆学校の授業が大きく変わったのは知っていましたが、

 入試がぜんぜん私のイメージと違うもので驚きました。

 家庭学習でのほめるポイントがわかりやすかったです。

 

◆「勉強しなさい!」と言っても、全く勉強しないうちの子が、

 先生のアドバイス通りに声をかけてみたら、勉強をするようになりました。

 

 これから親子でがんばってみたいと思います。

 


BooKids入門講座

必修学習項目4-5読書の大切さについて学ぶ

お子さんを本好きにしたいお母さんのための講座です。

この講座に参加したお母さんからは、お子さんと本屋・図書館にすぐに行ってみたという報告を多くいただきます。

読書をすることの大切さは感じているお母さんがほとんどだと思います。

読書の大切さを再確認し、読書と学力の関係を知っていただきます。

そして、新しいこれからの学びに必要な◯◯力を読書で伸ばす方法を考えていきます。

 

講座概要

STEP1 読書をすると本当に学力は高いのか?

STEP2 新しい学びに必要な◯◯力は読書で伸ばす!

STEP3 ◯◯力を伸ばすためにすぐできることは?

 

約90分


◆講座を受けている途中から、すぐに本屋に行きたくなりました。

 講座で学んだことをやってみたいと思います。

 

◆講座は大切な内容ばかりで、まだまだ聞きたいと思いました。

 子どもがぜんぜん本を読まないのですが、このままではいけないと怖くなりました。

 今からできることをはじめようと思います。

 

◆普段から図書館の利用をするなど、読書はしている方だと思って安心していましたが、

 話を聞いてやってみたいことがドンドン出てきました。

 とにかく声のかけ方を変えてみたいと思います。


講師 須藤 真臣

学習スタイリスト

サイエンスプロデューサー 佐藤ちひろ

学習塾「進学研究室」代表

学習スタイリスト

元札幌新陽高校 入試広報部長

元旭川名誠高校 入試アドバイザー

学習スキルとモチベーションに着目した指導で、生徒さん本人も驚く合格に導く学習スタイリスト。

学習塾「進学研究室」代表。

家庭教師のアドバイザー時代には、1万組以上の親子の相談に乗り、全国TOPアドバイザーとして表彰される。

その後、支店長・学習塾部門の責任者を経験し、地元の札幌に戻り独立し、学習塾「進学研究室」をスタート。 2022年で25年目。

学習法を研究する中で、3つのステップで論理的文章が書ける「エンパシーライティング」・脳の力を引き出すノート法の「マインドマップ」・加速学習理論の「アクセラメンツ」と出会い、現在はインストラクターとして広めている。2019年には中国の深セン・上海でも講座を行う。

 

お子さんの学びをサポートするお母さん向けの「受験を楽しむ母の会」を開催。

 

2019年からの3年間は学習塾の代表でありながら、札幌新陽高校の入試の責任者を務める。

入試でのペーパーテストの廃止、パスポート制度入試(総合型選抜入試)、高校では全国初のオンライン入試などの改革を行い、入学者数をV字回復させる。

好きなキャラクターはキティちゃん。

小・中学校での家庭教育学級・PTAの講座実績は30校を超える。

【札幌市家庭教育学級だより掲載分】

令和元年2号 平成29年1号

連絡先・関連リンク

  • メール

singakukenkyusitu@gmail.com

  • 電話

011-596-9071

  • ホームページ

進学研究室

  • Facebook

須藤 正臣